×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る

20070711 AVR用RTOS ATROSを使ったLCDの表示実験

前回のLEDを1秒周期に点滅させるタスクに、LCDへ2秒周期にメッセージを入れ替えるタスクを追加しました。

液晶のSC1602B を紹介しているココのページを参考にしました。
SUNLIKE社

ATROSの構成

ソースファイル

機能

備考

led_tsk.c led タスク .
lcd_tsk.c lcd タスク .
lcd_drv.c LCD SC1602B 用ドライバ .
アプリケーションとして、上記3つのプログラムを使用しました。

このサンプルプログラムのダウンロード
lcd_tsk.c
void lcd_tsk(void)
{
	static int a = 0;

	lcd_clear_Display();

	if( a==0 ){
		lcd_put_str("Hellow AVR!!");
		a = 1;
	}
	else if ( a==1 ){
		lcd_put_str("ATROS Ver1.10");
		a = 0;
	}

	Wait_Timer( 200 );	// 200x10ms で、LCD点滅

	return;
}


動作確認

コンパイラは、WinAVR-20070525 を使用しました。
ターゲットCPUは、ATmega168 20MHz です。

動画

わかりにくいですが、LEDは1秒周期で点滅し、LCDは2秒置きにメッセージが入れ替わります。

TOPへ戻る