×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る

iTextSharpを使用してVB.NETでPDFを読み込み、文字を追加する(PDFコメント君)

iTextSharpを使用してPDFファイルを読み込んで、文字を追記するプログラムを作ってみました。

プログラム

'iTextSharp関連の名前空間 Imports iTextSharp.text Imports iTextSharp.text.pdf 'iTextSharp.text.FontクラスがSystem.Drawing.Fontクラスと '混在するためiFontという別名を設定 Imports iFont = iTextSharp.text.Font 'ファイルIO関連の名前空間 Imports System.IO Imports System.Diagnostics Public Class Form1 Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load y_text.Text = My.Settings("x") x_Text.Text = My.Settings("y") FontSize_text.Text = My.Settings("fontsize") ToolTip1.SetToolTip(y_text, "文字のX座標です。(原点は左下、右移動量)") ToolTip1.SetToolTip(x_Text, "文字のY座標です。(原点は左下、上移動量)") With psize_combo .Items.Add("A4") .Items.Add("A3") .Text = "A4" End With With fontsize_combo .Items.Add("MS ゴシック") .Items.Add("MS 明朝") .Text = My.Settings("font") End With With ComboBox1 .Items.Add("縦") .Items.Add("横") .Text = "縦" End With End Sub Private Sub Form1_FormClosed(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.Forms.FormClosedEventArgs) Handles MyBase.FormClosed My.Settings("x") = y_text.Text My.Settings("y") = x_Text.Text My.Settings("font") = fontsize_combo.Text My.Settings("fontsize") = FontSize_text.Text End Sub Private Sub TextBox2_DragDrop(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.DragEventArgs) Handles File_text.DragDrop 'ドロップされた内容を表示する File_text.Text = e.Data.GetData(DataFormats.FileDrop)(0) End Sub Private Sub TextBox2_DragEnter(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.Forms.DragEventArgs) Handles File_text.DragEnter 'ドラッグされている内容が文字列型に変換可能な場合 If e.Data.GetDataPresent(DataFormats.FileDrop) Then 'コピーを許可するようにドラッグ元に通知する e.Effect = DragDropEffects.Copy End If End Sub Private Sub make_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Make.Click If File_text.Text = "" Or File_text.Text = "ここにドラックします。" Then Exit Sub End If 'http://bbs.wankuma.com/index.cgi?mode=al2&namber=14833&KLOG=31 参考ソースファイル 'PDFファイルを開く Dim reader As PdfReader = New PdfReader(File_text.Text) 'ページ数の取得 Dim n As Integer = reader.NumberOfPages 'ページの角度を取得 PrimoPDF = 90 , クセロPDF =0 Dim rotation As Integer = reader.GetPageRotation(1) 'ページサイズを取得 Dim width As Integer = reader.GetPageSize(1).Width Dim height As Integer = reader.GetPageSize(1).Height TextBox1.Text = "page:" + Str(n) + "/rotation:" + Str(rotation) + "/width:" + Str(width) + "/height:" + Str(height) 'ドキュメントを作成 Dim doc As Document If CheckBox1.Checked = False Then If rotation = 0 Then If psize_combo.Text = "A4" Then doc = New Document(PageSize.A4) 'ファイルの出力先を設定 A4縦の設定です Else doc = New Document(PageSize.A3) 'ファイルの出力先を設定 A3縦の設定です End If Else If psize_combo.Text = "A4" Then doc = New Document(PageSize.A4.Rotate()) 'ファイルの出力先を設定 A4横の設定です Else doc = New Document(PageSize.A3.Rotate()) 'ファイルの出力先を設定 A3横の設定です End If End If Else If ComboBox1.Text = "縦" Then If psize_combo.Text = "A4" Then doc = New Document(PageSize.A4) 'ファイルの出力先を設定 A4縦の設定です Else doc = New Document(PageSize.A3) 'ファイルの出力先を設定 A3縦の設定です End If Else If psize_combo.Text = "A4" Then doc = New Document(PageSize.A4.Rotate()) 'ファイルの出力先を設定 A4横の設定です Else doc = New Document(PageSize.A3.Rotate()) 'ファイルの出力先を設定 A3横の設定です End If End If End If '出力ファイル名を作成 Dim OutputPdfName As String = Microsoft.VisualBasic.Left(File_text.Text, Len(File_text.Text) - 4) '出力ファイルを開く Dim writer As PdfWriter = PdfWriter.GetInstance(doc, New FileStream(OutputPdfName + "_.pdf", FileMode.Create)) 'ドキュメントを開く doc.Open() Dim i As Integer For i = 1 To n Dim page As PdfImportedPage = writer.GetImportedPage(reader, i) '1ページ読み込み Dim cb As PdfContentByte = writer.DirectContent Dim grx As Graphic = New Graphic '読み込んだページを加える If rotation = 0 Then cb.AddTemplate(page, 0, 0) '縦 Else cb.AddTemplate(page, 0, -1.0F, 1.0F, 0, 0, reader.GetPageSizeWithRotation(i).Height) '横 End If cb.BeginText() 'フォントとフォントサイズの指定 Dim bf As BaseFont If fontsize_combo.Text = "MS ゴシック" Then bf = BaseFont.CreateFont("c:\windows\fonts\msgothic.ttc,0", BaseFont.IDENTITY_H, True) Else bf = BaseFont.CreateFont("c:\windows\fonts\msmincho.ttc,0", BaseFont.IDENTITY_H, True) End If cb.SetFontAndSize(bf, Val(FontSize_text.Text)) cb.ShowTextAligned(PdfContentByte.ALIGN_CENTER, Mes_Text.Text, Val(y_text.Text), Val(x_Text.Text), 0) cb.EndText() doc.NewPage() Next i 'ドキュメントを閉じる doc.Close() MessageBox.Show("完了", "PDFコメント君") End Sub End Class

PDFコメント君



直感で使えるカナと思います。
制限事項は、用紙サイズの自動判定はちょっと考える必要があったので、A3,A4選択式です。
フォントは、MSゴシックとMS明朝のみです。
複数ページのPDFファイルには対応していません。→対応した
追記後のファイルネームは_が付きます。
例 foo.pdf の場合は、foo_.pdf になります。
.NET Framework 2.0が必要です。

プログラムのダウンロード

2009.04.08 用紙設定が間違っていた所を修正。複数ページに対応
2009.04.15 PDFライターによっては用紙の縦・横が合わないものがあったので、縦・横を固定できるようにした
ダウンロードする

解凍したら、\PDFコメント君\bin\Release の階層から、PDFコメント君.exe
\PDFコメント君\lib の階層から、itextsharp.dll を取り出して適当なフォルダに入れれば使えます。