×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る

QFPやSOPタイプの簡単交換、取り外し

Attiny85のSOPタイプの部品や、Atmega328pのQFPタイプを基板から外したいなと思い、以下のサイトでよい方法が
載っていましたので<してみました。

ハンダゴテだけで面実装ICを外す方法



すずめっき線を使い、ICのリードとかぶるような大きさで治具を作ります。
かご型に作るのがコツらしいです。
※左がAtmega328pを外すためのQFPリワーク治具、右がAttiny85を外すためのSOPリワーク治具です。


ATtiny85のSOP8pinを外す



マスキングテープで基板を固定します。※やりやすい方法でどうぞ。
SmileFunctionDecoderの裏面にも部品があるため安定しないため、MDFボードにくりぬいた治具を使っています。
※するっとずれるので、他のPADや部品に影響を与えないように、マスキングテープを貼ると良いです。




SOPリワーク治具を載せます。




半田をしっかり盛ります。




全ピンはんだがなじんだら、簡単に部品がずれますので、外れます。




同じようにAtmega328pのQFPタイプも同じ方法で外せます。


外した後処理の写真は無いですが、はんだ吸い取り網で残ったはんだの除去、フラックスリムーバーを使い基板の洗浄を行い完了です。
私は、いつものリモネンで基板をクリーニングします。

この方法はICのリードを痛めないので、除去したICの再生率が高いです。



2017/04/16 1版